読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広島旅行

2017/03/18-2017/03/20

広島旅行

 

3連休、事前に入れていた予定が飛んだので急きょ彼女と広島旅行へ行くことになった。

なぜ広島か。

それに特に理由はない。

関西じゃないけどあまり遠くないところで行きたいところということで決まった。

 

予約はホテルと新幹線だけ。

計画は行く場所を決めて細かいことは適当に。

・うさぎ島(大久野島

・宮島(厳島神社のあるとこ)

だけである。

 

ということでつらつら書いていこう。

3/18 天気:晴れ

 

朝5時に起き、すぐ電車に乗って新大阪へ。

自由席だったので席に乗れるか不安だったが意外にすぐ座れた。

 

眠たい目をこすり朝ご飯を食べながら、初日に向かう予定のうさぎ島の場所を検索(場所もあまりわかっていないくらいざっくりした計画。)

 

うさぎ島に向かうために、福山まで新幹線。

そこから山陽本線三原駅呉線忠海(ただのうみ)からのフェリーに乗ってうさぎ島へ向かう。

忠海へ向かう電車が来るまでの間に食べたモスバーガーがうまかった。

 

三原駅からのんびり25分、忠海に向かっている途中に、山だったのにパっと海が広がるとお客さんみんないい顔していたなぁ。

あと、忠海で電車の客の99%降りたのは面白かった。

 

うさぎ島へ向かうフェリー乗り場では、

荷物預け:500円

うさぎの餌:100円x4袋

お弁当:400円

を購入。

わくわくしてフェリーを待つこと1分(売店のお姉さんが言ってくれなかったら30分逃すところだった。)フェリーへ乗りうさぎ島へ。

 

島に着いたが、降りたところにはまったくいないじゃないか・・・。

嘘書かれてたんかなと橋を渡ろうとした先に!!

20羽ぐらいいました。

来た人来た人にぴょんぴょん近寄っています。

かわいい・・ただただかわいい・・・。

 

島一周したけど、いないところがないんじゃあないかというくらいいまして、みんな餌をやるとぴょんこぴょんこ飛んできて、にやにやが止まりませんでした。

写真が乗せれないのが残念。

100羽くらい餌やって遊んだと思う。

 

 

ひとしきり見終わったのでホテルへ向かう。

向かう途中に決めなくてはいけないことが・・・そう、BANNGOHANN!!

 

旅行と言えば晩御飯が楽しみ(だと思ってる)でしょうということで、話したところ海が近いので海鮮だ!と決まってネットを調べるとこじゃれた店を発見。

わくわくしながらホテルに向かった。

 

泊まったホテルは「福山オリエンタルホテル」。

部屋も広く清潔感のある綺麗なホテルでした。

部屋に荷物を置いてさっそく向かおうとしたが、地元の人に聞いてみたらもう少しいい店があるのではと考え、ホテルマンの人に聞いたところ「古まん」という居酒屋がたいそういいと言われて、なおかつすぐ予約を取ってくれたので(これ地味にうれしかった)さっそく二人で向かった。

 

1階がカウンター、2階に座敷(?)のおしゃれなお店で、その日に入ってきた食材でメニューが変わるというお店でした。(基本的なものはあるけどね)

 

・サワラの塩タタキ

・天然メバルの煮付け

・日本酒「鋼」

が特に美味しかった。

これも写真乗せれないのが残念。

 

ほろ酔い気分でホテルへ帰り、温泉に入って就寝。

==

3/19

この日は本当は広島旅行をしようとしていたが、思いのほか遠くてどうしようかとなっていたところ、鞆の浦尾道が近いということが調べて分かったので(これも事前に調べとけよっていう話。)そちらへ向かう。

 

朝は尾道、昼からは鞆の浦という計画。

さっそく尾道へ。

 

尾道の印象は、ジブリで使われそうという印象。

少し古い町並みがあふれ、お寺もたくさんあり歩いているだけで楽しい場所だ。

調べてみたところ千光寺というところが名所ということで向かうが、ただただ坂道と階段ばっかりで少し疲れた。

登りきるとロープウェイがあり、そこから一気に頂上へ。

 

山の上から見る景色は、海と山とが見渡せるいいポイントでした。

ぐるっとした後、ミカンソフトと桜ソフトを食べて下山して、お昼ご飯を食べることに。

 

お店もミーハーなため、有名ところの「壱番館」に向かうことを決め向かうと、50人くらいの行列。

予定をびっちり埋めていたら絶対いかないけど、今回は予定スカスカ旅行のためのんびり並ぶことにきめてならぶこと30分強でお店へ入店。

シンプルな尾道ラーメンをいただくことに。

背油たっぷりだったのでこてこてかと思いきや、ちょうどよく食べやすい味だったという印象。

 

おなか一杯になったので、鞆の浦へ向かう。

ここへはバスだったので乗り込んでのんびり35分ほど乗ると鞆の浦に。

バスに乗って感じた点が、大阪とかと違って町中(家の横とか)を走っていてバスが交通手段のメインの土地なんだと感じさせられた。

 

到着して仙酔島へ船で向かうことに。

船は坂本龍馬が作った船(名前忘れた)の外見を再現して作った船であった。

 

仙酔島はパワースポットということなのか、到着すると少し身体が元気になった印象。

島は停泊したところから海が広がり、のんびり転がったり、遊んだりしている家族がたくさんいた。

海は橋の上からでも下が見えるくらい透き通った海だった。

 

のんびり散歩して仙酔島を去り、ホテルへ。

バスを待っていた時に食べたたこちくわがおいしかった。

 

ホテルへ帰り、今日はお酒を購入して、弁当を買って部屋でだらだらごはん。

みかん酒の濃さと、ぜんじ肉がうまかった。

初めての日曜アメトーークを見て、法律相談所を見ながら食べて、お酒の力でそのまま就寝。

==

3/20

朝から広島へ向かう。

メインの宮島へ向かう。

 

広島へ着き電車にのって宮島へ。

このとき食べたセブンイレブンの卵かけごはんおにぎりのトロッとした卵がとてもおいしかった。

 

宮島口へ着き船で宮島へ向かう。

日本人もいたがほとんど外人だったんじゃないかな?周りから聞こえてくる言葉のわけわからなさにくらくらした(笑)

 

宮島へ着きさっそくシカに遭遇。

広島って野生動物にエンカウントさせられすぎだろってくらい動物に出会う。

 

見たかった鳥居を見て、写真撮影。

立派な鳥居でした。

 

そのあと目に入った焼き牡蠣を購入。

耳くらいサイズがありぷりっぷりで飲み込むのがもったいないくらい口の中が幸せでした。

 

時間的にできることがあったので弥山(みせん)を上ることに

このとき調べごとをしなかったことが大変な後悔に・・・。

 

コースを決めるときに、目の前の近いコースを選んで上り始めた。

さっそく坂道や階段があったがなんのそので、15分ほどのぼり途中の休憩地点に到着。

・・・休憩地点なのであと半分くらいに思っていて、そこまでは優しかったが、そこからが地獄だった。

階段が急にすねの高さくらいまでのサイズが続き、終わったと思ったらまたあって、終わったと思ったらまたあってが繰り返し出てきて、彼女も俺も途中からだんまり。

汗もかき、周りに人もいない、マムシが出るという看板があり、恐怖のなか90分もくもくと上り詰めた結果・・・・!!

頂上に到着!!

 

登り切った景色は、快晴の空が広がり、見渡す限り自然にあふれた素敵な景色でした。

 

あとあと調べると、登山用のコースでふつうは行かないコースをいってたみたいでした。

さらにロープウェイもあったのでかなり楽はできたみたい(結果的にのぼったさきの綺麗な景色が見れたということで良しとしよう)

 

下山はロープウェイを使い下山。

めっちゃ楽やった(笑)

 

下山後、宮島口へ帰りあなご飯をいただいた。

しっかり蒲焼にされて、それを甘いたれで味付けされており、口の中のよだれがあふれかえりました。

 

そのあとは新幹線に乗り帰宅。

新大阪で食べたカレーがうまかった。

 

久しぶりにのんびりした旅行ができて満足。

次の旅行は下調べをしっかりして、できれば歴史も勉強して楽しい旅行にできたらいいなと考える。

 

次はどこへ行こうかな。