読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポンジュース

久しぶりに飲んだポンジュース


小さい頃は、ちょっと苦いのが苦手であんまり飲んでなかったけど


100%だから苦味もあるのか!


とわかると、それも良さかと美味しく飲み干してしまった。


こんな些細な気づきって、発見できると楽しくなる。


金曜日の夜にちょっとにっこり

広島旅行

2017/03/18-2017/03/20

広島旅行

 

3連休、事前に入れていた予定が飛んだので急きょ彼女と広島旅行へ行くことになった。

なぜ広島か。

それに特に理由はない。

関西じゃないけどあまり遠くないところで行きたいところということで決まった。

 

予約はホテルと新幹線だけ。

計画は行く場所を決めて細かいことは適当に。

・うさぎ島(大久野島

・宮島(厳島神社のあるとこ)

だけである。

 

ということでつらつら書いていこう。

続きを読む

思い書き

今日の練習の覚書みたいなのを残しておこうかと。


エチュードや曲を演奏して、思ったように行かないところを基礎練習してできるようにする。基礎練習ってそのためのものなのかなと。

音楽が楽しく演奏するために、出来ないところを基礎練習で補うのが正解なのかなと。


言われていたことの歯車が少しやけど繋がった気がする。

練習2

今日は久しぶりの外での練習。

気温がマイナスになるかならないかでの練習は身体に応えるが、外で練習するという開放感にはかなわない。

 

アップの鳴りはまずまず。

少し急ぎ目で楽器をつけて練習。

 

いつもより良く鳴るが、響きが弱く鳴らし切れていないような演奏。

そうなったら、鳴らそう鳴らそうという方向に力が入り、固い演奏になってしまった。

 

これではいかんと改めて息とイメージを持って吹くと、少し柔らかい演奏になった。

 

そこからリップスラーを始めるが上のFで少し詰まる。

んんーーどないしようかなと思い、ふと息の方向に合わせて楽器を動かしてみたらどうだろうかということで試したところスムーズにできた。

 

アンブシュアを固定しなければいけないというところから、柔軟性がなくなってしまっていたのか。

と思い返し、ほかのパターンを試したところ心なしかスムーズになってきた。

 

そのあと、パイパーズでバジルさんの記事を読むと、「アンブシュアは動いてもよい」

という記事があり最近ダメな法に進んでいたなと反省。

 

ただまだまだ真っすぐ演奏できておらず、ところどころフレーズ感がなくなってしまい、つまらない演奏になる。

だめだだめだと思わないようにしようとするが意識がそうならない。

 

文章にするとそうだけど、考えれていないんだろうな。

考えたことを自分の言葉にする。

そのためにブログ始めたんだし、誰も見ていないだろうから楽に書いていくか(笑)

 

自分がうまくなるために、がんばろう。

 

練習1

外が雪まみれのため、室内でミュートをつけて練習。

 

いつも通り練習していてふと感じたのが

 

・ダメな部分に対して「やっぱりだめだ」ってなっていること。

 

高い音が鳴らない、速くできない、降りるときの低音がうまくはまらないとかあるけど、それって「鳴らしたい音」とは関係ないことで、いろいろできるための練習なのにできないことを癖づけてしまっているのでは!という結論に至った。

 

本当にしたいこと

・なりたい自分になるために練習。

 

現状の意識の矛先

・できてない部分にやっぱりできてないなぁ・・・という練習。

 

もっとなりたい自分をイメージして練習しないと、時間の無駄である。

できないことではなく、できたいこと、どうやったらできるかを考えて成長しよう。

 

===

思い切りは大切。

こうするんだ!と取り組んだら少しまし。

継続していこうかな。

 

最近、メロディーが安定しないのが何だろうと考えていたが、今日少し原因が分かったかもしれない。

 

ミュートをつけて音階を吹いたら、アンブッシュアがFを境に動くことが分かった。

動かないことが正解ではないが、かなり動いており安定性に欠く。

 

意識してまっすぐ息を入れることに合わせて演奏をしていこう。

 

毎日演奏することで成長したい。

どうするか考えて。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブレスコントロール 弱音の練習

最近の練習で、自分の弱点を克服しようと考えていたところ

 

・弱音の響きがない。

・遠いポジションでスライドにポルタメントがかかる。

 

この2点が特に弱点になっている。

(昔は得意だったのに、さぼりすぎるとこうなるのかと反省。)

 

そこで取り組み始めているのが

レミントン」の「ブレス・コントロールエクササイズ」

 

知っている人も多いと思いますが、何をするの?という人のために説明。

 

テンポは自由

最終は♩=40までいきたいけど今は♩=100で

下の内容を各音符2拍ずつで

1.ド~レ~ド

2.ド~レ~ミ~レ~ド

3.ド~レ~ミ~ファ~ミ~レ~ド

4.ド~レ~ミ~ファ~ソ~ファ~ミ~レ~ド

5.ド~レ~ミ~ファ~ソ~ラ~ソ~ファ~ミ~レ~ド

6.ド~レ~ミ~ファ~ソ~ラ~シ~ラ~ソ~ファ~ミ~レ~ド

7.ド~レ~ミ~ファ~ソ~ラ~シ~ド~シ~ラ~ソ~ファ~ミ~レ~ド

と演奏。

調は全調をする。

一つ終わるごとにブレスはしてもOK(当たり前)

 

最後に関しては30拍伸ばすことになるので

・力が入る

・大きい音

じゃ到底できない。

 

いざやってみるとこれが大変。

自分が吹くときに力が入っていたことと弱音じゃ反応しない音が多いことにびっくり・・・。

けどやり始めると、だんだん音を鳴らすポイントがわかってきたり自分のどこをどうしたらよいかがわかるようになりならせるようにはなってきた。

(最後のほうは不慣れなせいで、崩れかけたけど。)

 

この練習のあと少し休憩して、軽く曲を吹くと

・音の密度が変わった

・スライドのポルタメントも多少解消された。

 

続けていったら自分の弱点に対して効果がありそうだと実感できたため、続けていきたいと考えております。

新たな発見があれば報告します。

 

最終的な目標は

・♩=60で全部できるようになる

・省エネな演奏ができるようになる

・弱音の反応をよくする。

 

人に聞かせれるようにがんばります。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

M1グランプリ

M1グランプリ

 

久しぶりに見たけど、おもしろかったなぁ。

普段何を考えたらこんま面白いこと考えれるんか教えてほしいわ。

 

久しぶりに見たついでにいろんな回を見直したけど

 

優勝するコンビって、初めから勢いがすごいよね。

 

流れとか空気とかをすべて持っていくことで優勝できるんかな。

 

流れをつかむのって、自力でできるもんなんかな。

ま、流れとか運とかをつかむために普段から努力する必要があるともいうし、今日も明日もしっかり勉強していきましょ。